インドネシア 交通事情 

深刻なインドネシアの渋滞事情

道路のインフラ整備が全く整っていないといわれるインドネシアの交通事情は大変深刻で、首都のジャカルタをはじめスラバヤ、バンドゥン、ジョグジャカルタなどあらゆる地域で深刻化しています。急速な経済成長を遂げているインドネシアの全域で国民の購買力が上がり、自動車の流通も著しく伸びているものの、それに見合った交通網を国が用意できていないのです。ジャカルタでの交通政策、「3in1」で道路事情の円滑化を図っているものの、今も市内の渋滞は大きな問題となっています。調査を行う上で、その土地の交通事情は大切です。インドネシアであらゆる調査実績を上げている当社でさえ、インドネシアで追跡調査を行う場合などは相当な労力を強いられます。

インドネシアで利用する交通機関

インドネシアには電車もありますが、特に日本人に関してはあまり電車を利用する人は居ません。電車内の治安があまり良くないことや、駅からの移動手段が無いことなどが関連します。物価が安いことから、短距離移動であれば出来るだけタクシーを(初乗り60円ほど)、少しの長距離移動であれば飛行機の方が、安全で時間の短縮も可能です。因みにタクシーを利用する場合は、「ブルーバード グループ」のタクシーを利用して下さい。「プレスタシ」というタクシーはぼったくりやトラブルが頻繁に起こっている、注意しなければならないタクシーです。

車で移動する場合

トヨタや日産、ホンダの工場が現地に存在し、国産車も多く見られるインドネシアですが、とにかく現地の人の運転は荒いです。逆に日本人はお行儀が良すぎと思われているようです。割り込みや信号無視は当然。もちろんその分事故発生確率も高いインドネシアの道路事情です。インドネシアにおける調査の一番のハードルは、「道路事情」といっても過言では無いのです。

カカオトーク・LINEで相談も承ります。

  • カカオトーク・LINEで相談も承ります。

インドネシアでの探偵相談はこちら

  • インドネシアでの探偵相談はこちら