スラバヤ・取引先調査

経済発展が著しい、スラバヤでの企業調査

経済成長率は、今やインドネシアではジャカルタよりもスラバヤの方が著しく伸びているとも言われています。「トコ・ジャパン」をはじめ日系企業はこういった東南アジアの中小都市には必ずといっていいほど参入しており、日本でも馴染みの多い企業の看板をあらゆるエリアで目にします。その為、また、今まだインドネシア進出はしていないものの、これからジャカルタやスラバヤに進出を考えている企業も数多くあります。インドネシアで会社を運営していくのであれば、現地の企業との繋がりや、雇用の為にインドネシア人の性格を掴んでおくことは必要不可欠です。イスラム教の習慣も強く、例えば「ムスリム」と呼ばれる断食の時期は、敬虔なイスラム教徒は完全に食を断つ”断食”が行われます。この時期に仕事をすることで集中力が散漫になってミスが発生してしまったり、休みを取る人も居るようです。現地の事前リサーチを怠ってしまうことで、現地の企業と何らかのトラブルを引き起こしてしまい、当社に調査依頼が寄せられた事もあります。

スラバヤでの調査事例

スラバヤの企業調査を行っていて感じることは、お金に対するルーズさです。支払期日までにお金が支払われない事からトラブルになってしまう。お金の交渉の面でまとまらないといったトラブルもあるようです。企業調査を行う際、”ミステリーショッパー”と言われる実際に顧客に扮してスラバヤ現地の企業に潜入調査を敢行し、その会社の実態を探ることもあります。このような調査を行う歳、日本人が潜入調査を行うと怪しまれてしまうこともありますので、現地の調査法人の手を借りて調査を行うこともあります。

今後のスラバヤの発展

インドネシアの経済の発展には、これからもますますスラバヤの経済活性がものをいうようになるでしょう。水産加工企業や食品企業をはじめとした企業の進出の煽りから、既に現地に住む駐在日本人の数は1000人近くにも登ると言われていますが、更なる増加は考えられます。スラバヤに企業を進出するためのセミナーなども頻繁に行われています。今後も一層スラバヤで質の高い調査を行なっていくためにも、進出する日系企業の事前リサーチなど、事前情報収集は怠りません。

インドネシア調査 お問合せ・無料相談

  • インドネシア調査 お問合せ・無料相談
  • インドネシア調査 お問合せ・無料相談